小顔になりたければ姿勢を改善して食いしばりを改善するという提案

「顔が大きい」

「小顔になりたい」

「綺麗になりたい」

そんなあなたの願いを今回の記事で

叶えられるかもしれません。

おはようございます!うえやまです!

一度は憧れる「小顔」

ですが初めに厳しいことを言いますが

小顔になるには限界があります。

あなたが生まれ持った骨格以上に

顔を小さくするには美容整形などで

「骨を削る」しかありません。

ですが、あなたが持つ本来の小顔にすることは

可能です。

どう言うことか?

顔の大きさに悩む原因が

体の歪みや筋肉の緊張、脂肪の蓄積によって

大きくなったものであれば

お顔を解消することにより

ご自身の本来の小顔にはできます。

お顔の悩みで

「エラが張る」「横幅が広い」

「二重顎」「ほうれい線」などの悩みは

生活習慣が原因で起こり

元々のあなたの骨格が原因ではありません。

この原因のひとつに

前回からお話ししている「食いしばり」が

深く関わっています。

前回もお話ししたように

食いしばることにより

上位頚椎が固定され猫背やストレートネックになり

顔や首周りの筋肉のバランスが崩れます。

それにより皮膚が前下方に引っ張られ

シワやほうれい線の原因になり

顎を引いた姿勢になるため「二重顎」になります。

また、顔の筋肉を使いづらくなり

代謝が低下しシミやくまなども起こりやすいです。

さらに今回の本題

「エラが張る」「顔の横幅が広い」件について

「噛む」時にメインで働く筋肉を

「咀嚼筋」といい

咬筋・側頭筋・内側翼突筋・外側翼突筋の4つ

その中でも最も強いのが咬筋です。

ご覧の通り咬筋は頬骨から下顎についており

常に食いしばっている方は

この咬筋が過度に発達し

エラが張ってしまいます。

さらに緊張が強くなると骨自体が引っ張られ

外側に開くようになり

横幅が増大します。

また、笑う時に働く「笑筋」は

咬筋に付着しているため

咬筋の動きが悪くなると笑筋にまで

影響が及び

不自然な笑い方になります。

なので、この咬筋を緩め

食いしばりやすい姿勢を正すことで

ナチュラルな小顔へ戻すことが可能になるんです。

当院では姿勢矯正や美容鍼、整顔矯正で

あなたに合った施術で

本来の小顔に戻すお手伝いができます。

一度ご相談してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。