【女性必見‼︎】放っておくと怖い貧血についてしっかりと知っておいてほしいお話

「貧血」は女性に多い病気です。

日本女性の40%が貧血という統計があり

そのうちの65%が20〜40代の

「月経」がある世代です。

そう、女性は月経で血液を失うことが多く

さらに女性ホルモンの影響で血流量も左右されます。

貧血には大きく分けて4つ存在します。

「鉄欠乏性貧血」

「溶血性貧血」

「再生不良性貧血」

「悪性貧血」

その中でも日本人が多い貧血は

「鉄欠乏性貧血」です。

貧血の症状は主に

疲れやすい・めまい ・立ちくらみ・息切れ・

ふらつき、頭痛・胸の痛みなどが

挙げられます。

日本人に多い鉄欠乏性貧血は

簡単にいうと鉄分不足です。

鉄分を補う食事は次回詳しくお話

しますね!

貧血は簡単に説明すると

血液中の大半を占めるヘモグロビンが低下した状態。

ヘモグロビンは酸素の運搬役をしているので

人手不足に陥り届くはずの荷物(酸素)が届かずに

各細胞、筋肉、臓器などが疲弊し

あらゆる症状が出てくるというもの。

なので、慢性化した貧血を放っておくと

先程述べた主な症状以外にも

筋肉が凝りやすい・つりやすい、眼精疲労

骨は脆くなりやすい

各臓器が疲労しやすくなることで

消化器では胃痛・胃もたれ・消化不良による吐き気や

下痢・便秘

肝臓では機能低下により解毒作用も低下することで

吹き出物が出やすいなど

婦人科系では生理不順や不妊・妊娠中の体調不良など

多岐に渡ります。

また、脳への循環も悪くなり

ホルモンバランスの崩れ、情緒不安定、

うつ、認知症のリスクも出てくる可能性はあります。

私はこんなもんだと諦めず

この事実を知った今から

少しずつ対策をしていきましょう!

次回は貧血の方に向けた食事のお話を

しますのでお待ちください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。