【女性必見‼︎】太陽はお肌の天敵?不妊のリスクを伴うその理由とは?

「太陽はお肌の天敵」

「日焼け止めに日傘に」

「今日は日差しが強いから外出はやめよう」

そんな考えをお持ちの方も多いようです。

では本当に「太陽の日差し」は

お肌には「悪」なのでしょうか?

多くの化粧品会社では

「紫外線〇〇%カット」

「紫外線はお肌の敵」なんて

キャッチフレーズを目にしますが

私はそうは思いません。

確かに日中ずっと日に浴びて

肌が真っ赤になり水膨れができるほど

浴びることはおすすめしません。

それはやけどと同じだからです。

ですが本来、日本人の肌は

紫外線に対する処理能力はそこまで

低くないんです。

適度な日光浴で正しいケアをしていれば

それほどお肌に影響はありません。

逆に日光に浴びないことの方が

「美」と「健康」に悪影響を及ぼす可能性が

高いんです。

日光を浴びない事による悪影響として

今回は以下の3つ取り上げていきたいと思います。

①骨が脆くなる

②体内リズムが狂う

③うつ病のリスクが上がる

今回は

①骨が脆くなるお話をいたします。

骨を主に構成する成分は「タンパク質」

「カルシウム」「リン」です。

よく牛乳を飲むとカルシウムが取れて

骨が丈夫になると言われてきましたね!

ですが、最近では牛乳の危険性が

注目されています。

このお話はまたの機会にしたいと思います。

では、日光と骨はどういった関係があるのでしょう?

実は日光を浴びることで「ビタミンD」を

吸収されており

このビタミンDがカルシウムやリンを

腸管から吸収するのを促進させる効果が

あるんです。

この原理として

人間の皮膚にはビタミンD3という成分が

存在し、紫外線を浴びることで

有効成分となり腸管からカルシウムとリンの

吸収を促しています。

このビタミンDが不足すると

いくらカルシウムやリンを積極的に

摂取しても吸収されなければ意味がありません。

過剰に紫外線を嫌うことは

骨にとってよくないんです。

このビタミンDが不足すると

小児ではくる病、成人では骨軟化症という

病気にかかります。

これらは骨が柔らかく、脆くなり

骨折しやすいだけでなく骨の変形、

慢性的な関節痛に悩まされる病気のため

筋力低下や歩行障害など多くの症状が出ます。

また、女性は女性ホルモンのバランスの崩れにより

骨が脆くなりやすく

特に妊婦の方は注意が必要です。

なぜなら、自身の体だけでなく

胎児にも影響が及ぶからです。

また、さらにこれから子供を授かりたいと

お思いの方にお伝えしたいのが

ビタミンDが足りている、足りていないことが

着床率・妊娠率・出生率・流産率に

大きく関わっているということです。

ビタミンDが不足していると妊娠率が下がり

妊娠しても流産する可能性が高いという

研究結果も出ています。

今後のライフスタイルにも影響をもたらすほど

日光は大事だということを

お伝えしたいです。

次回は続きをお話いたします。

少しでも気になる方は

お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。