痛みや痺れなどの悩みに将来振り回されない生活を送らないためのお話

_____________________

  『いつまでも美しくありたい』

  『いつまでも若々しくありたい』

  本当の自分の気持ちに

  理由をつけて諦めていませんか?

_____________________

おはようございます☀️

ニコリ鍼灸整骨院うえやまです!

早速今日は本題に入ります。

将来、お悩みに振り回された生活を

送らないためのお話。

あなたは今の自分についてどう思われますか?

「綺麗な姿勢で生活できていますか?」

効率の良い体の使い方できていますか?

年々お身体の変化に

敏感になってきていませんか?

本当は

「若々しくありたい」

「イキイキとした生活をしたい」

「元気だったあの頃に戻りたい」

心の底ではそう思っていませんか?

今は美容・医療・食品などの

レベルも上がり一歩を踏み出せば

いろんな道が選べる時代。

しかし、実際

「歳だから仕方ない」

「私はこんなもんだ」

「お金をかけたくない」

「時間がない」

と自分で制限をかけて

自身の本音にブレーキをかけていませんか?

日本は国民皆保険制度があり

「医療」「福祉」が充実しており

怪我や病気をしたら健康保険で

気軽に通院でき

歳を重ねるにつれて

自立した生活が困難になり

介護保険で介護サービスを受けることができる

高齢者に手厚い国だと思います。

しかし、ここで冷静に考えてください。

病院に行く、介護を受けるということは

痛い、痺れる、制限がある、

思うような生活ができない

などの思いをされているということ。

もちろん本当に治療を必要とされる方、

介護を必要とする方もおられます。

保険制度を否定しているわけでもありません。

ただ、医療、介護が必要となる前に

対策はできなかったのか?

予防はできなかったのか?

例えば推定罹患数100万人の「ヘルニア」

重度のヘルニアは本当に辛いです。

私も恥ずかしながら学生の頃

部活に没頭しヘルニアを抱えていた身なので

ヘルニアの大変さはわかります。

ですが正しい姿勢、正しいケアを

していればどうでしょうか?

私は現在では痛みや痺れに左右されず

元気に生活しています。

また例えるなら「変形性関節症」

変形性関節症の症状をゆうすら方が1,000万人

レントゲン検査から「変形性関節症」と

診断された方は3,000万人にも及ぶそうです。

変形性関節症の原因は「姿勢」がほとんどです

症状が出る前から正しいをケアできていれば

痛みや痺れなどの不調に悩まされることのない

生活が送れていたかもしれません。

変形性関節症が進むと

人工関節を入れる手術などを病院で勧められ

お金や時間を費やすことになります。

僕が臨床の現場に立ってから

多くの患者さんと出会いましたが

みなさんおっしゃることは

「この痛みがなかったら〇〇できるのに」です

旅行や運動、知人との交流、日常生活まで

好きなことが制限された生活は

本当に辛いことです。

まだ症状が出ていない状態を「未病」と言い

将来病気にならないように整体や鍼灸で

養生することを「未病治療」と言います。

僕は今、不調で悩まれている方はもちろん

今、悩みがなくても将来悩まなくてもいい

身体作りをサポートしていきたいと

強く思っています。

まだ、脳や筋肉を「再教育」しやすい今、

整体や鍼灸治療で痛みのない生活、

今後痛みで悩まされない体を

作っていくことが大事だと強くお伝えしたい。

過去は変えられない。

なら、体を、脳を帰るなら

今が一番若い時です。

この記事を最後まで読んでいただいた

あなたに少しでも

明るい未来がありますように。

何かありましたらお気軽にご連絡ください。

お力になれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。