笑うことっていいことって聞くけど「作り笑い」でも健康にいいの?

「辛い時こそ笑え」「苦しい時こそ笑え」

こんなことを聞くと

「何年前のスポコン漫画だよ!!」

とツッコミが入るかもしれませんが

実はあながち間違いではない⁉︎

どうも、ニコリ鍼灸整骨院のうえやまです!

当院の名前にもあります「ニコリ」=「笑顔」

この「笑顔」「笑う」行為にはわれわれの人体にさまざまな効果があるんです!

皆さんは「笑う」時ってどんな時ですか?

例えば楽しい時、嬉しい時、面白い時、幸せな時など様々な場面を想像されると思います。

まさにその通りで「笑う」と気分が高揚しリラックスした状態になったりと

ポジティブな要素が多いと思います。

でも、これは本当に楽しいから笑うのでしょうか?嬉しいから笑うのでしょうか?

逆に「笑うから楽しい」「笑うから嬉しい」という考えはいかがでしょうか?

「何を訳の分からないことを言っているんだ!!」

と思われるかもしれませんが今からその根拠を説明いたします。

ポイントは2つ

1つは「呼吸」

「はっはっはっ」と笑う時基本的に息を吐きますよね?

息を吐くということは

自律神経の中のリラックスのスイッチを入れる「副交感神経」が優位になります。

笑って息を吐くことにより副交感神経が優位になり脳は「あっ、なんだかリラックスしてるぞ、楽しいぞ」と感じます。

2つ目は「顔面神経」

笑う時に口角が上がり表情がグッと上がりますね!

これは顔の筋肉を総称して「表情筋」と言います。

表情筋は「顔面神経」という脳から枝分かれしている神経なんですが

この顔面神経には運動神経・感覚神経のほかに副交感神経も支配しているんです!

つまり表情筋を動かすことで副交感神経が優位になりやすくなります。

まとめると「笑う」ということは

楽しい時、嬉しい時、面白い時、幸せな時にだけ笑うのではなく

作り笑いでも脳は「リラックスしている」「楽しい」と錯覚することができるということ。

何かモヤモヤする、イライラする、落ち込んでいる時は

一度深呼吸をして「ニッ」と笑ってみてください。

少しでも気持ちに変化が見られると思います♪

当院では美容×健康にフォーカスし美容鍼のコースでは

お顔に電気を流し顔面の筋肉を動かすことができ

お顔の運動と血流の改善を行うことができるためリラックスした状態で

お顔のリフトアップ・シワやシミ、くすみなどのお肌トラブルの解消・自律神経の調整が同時に可能です!

少しでも皆さんのより良い生活に役立てば幸いです

最後までお読みいただきありがとうございました♪

ご予約・お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。