当院について

院名ニコリ鍼灸整骨院
住所〒532-0005
大阪市淀川区三国本町1丁目5-36
ハイネスト新大阪1階3号
電話番号06-6398-7752
アクセス地下鉄御堂筋線新大阪駅 徒歩10分
(ひなたの湯から徒歩30秒)
診療時間
9:00~18:00×
(スマホの方はタップで電話がかかります)
(スマホの方はタップでリンクへとアクセスします)

このような腸脛靭帯炎の症状でお悩みのあなたへ

  • 太ももの外側が硬く、押さえると痛い
  • 階段を降りるときに膝が痛む
  • お尻が垂れてきた
  • 歩いていると着地した足側が痛む
  • 運動を控えると痛みが消失する
※本人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※本人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※本人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※本人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※本人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

こんにちは、
ニコリ鍼灸整骨院
院長の上山 拓哉です

”歩くと痛みが出て足を引きずってしまう”
”足の曲げ伸ばしが痛みでできない”
など
日頃から不安を感じられた日々、辛いですよね。
あなたのそんなお悩みを、ニコリ鍼灸整骨院で解消できると思っています。

腸脛靭帯炎で痛みが出るのには原因があります。そこを改善しなければ痛みは繰り返してしまいます。「湿布で治らない」「マッサージに行ったけど治らない」そんなお悩みをお持ちの方は是非一度ご相談ください。
当院ではただ筋肉を揉むその場凌ぎの施術ではなく根本原因はどこなのかを明確にすることで、症状の改善だけでなく再発しない身体作りをサポートいたします。

「歳だから仕方がない」「今更もう遅いでしょ」と諦めないでください。
はじめて訪れる院がどんなところか、どんな施術か分からないと不安という方も多くいらっしゃると思いますので、少しでも負担が軽くなるよう初回特別価格も設けさせていただいております。
1人で悩まずに、小さな不安や疑問もお気軽にご相談ください。
あなたのご来院を心よりお待ちしております。

ニコリ鍼灸整骨院が選ばれる理由

治療院によっては施術担当者が変わったり体の知識が乏しい方が施術を行う場合がありますがニコリ鍼灸整骨院では厚生労働省認可柔道整復師はり師きゅう師を保有した施術者が初診から一貫して施術を担当するため不安なく施術を受けていただけます。


ニコリ鍼灸整骨院では単なるマッサージは致しません。
また、その場凌ぎの施術も致しません。
当院ではあくまでお悩みの根本改善を目的としています。そのため「長年のお悩み」「どこに行っても解決しなかったお悩み」お任せください。誠心誠意ご対応いたします。


ニコリ鍼灸整骨院ではキッズスペースバウンサー・絵本など完備しており目の届く場所で施術を行うため、お子様とご一緒にご来院大歓迎です!また、バリアフリー対応で足が不自由な方、車椅子の方でもご来院いただけます。

※歩行に不安のある方はご予約時にお申しください。


スマホ予約

ニコリ鍼灸整骨院では予約優先制のためご予定に合わせて通院が可能です。そのため待ち時間はほとんどなくあなたの時間を無駄にしません。また、他の方と時間が被ることがないため感染症対策もバッチリ!ご予約は電話、LINEどちらからでも簡単ご予約が可能!


ニコリ鍼灸整骨院では交通事故対応と施術が100件以上の豊富な経験があり、慣れない事故の対応や交通事故時に起こったむちうちなどの症状を後遺症なく施術いたします。また、保険会社や病院などの対応へのご相談、当院への転院などのご相談も可能です!
※交通事故の治療は通常自己負担”0円”で
受けられます。

診察の流れ

Step1/ご予約
お待たせしない為に電話やLINEにてご都合の良い日時をご予約ください。
step2/カウンセリング
お悩みや身体の状態をヒアリング・検査にてわかりやすく説明し、施術の内容をご提案いたします。
Step3/施術
ヒアリング・検査内容をもとにひとつひとつ身体の変化を確認しながら最適な施術を行います。
Step4/アフターフォロー
施術後は再度お身体の評価をしてご自宅でできる体操やエクササイズをご指導いたします。
Step5/次回予約
お身体の状態から来院の目安をご提案し、ご予定に合わせて次回のご予約をお取りいたします。

腸脛靭帯炎の原因

膝の曲げ伸ばしを繰り返した際に、膝の上外側を走る腸脛靭帯が大腿骨と接触(こすれる)して炎症を起こし痛みが出現します。

過度(オーバーユース)なランニング距離や時間、休養不足、柔軟性の低下などが発症の原因です。症状が多く見られるスポーツとしては、マラソン・自転車競技・バスケットボール・水泳・バレエなどが挙げられます。

また、姿勢が悪くなることで本来かかる負担以上の負担が掛かることで症状を発症するリスクを高めることになります。

腸脛靭帯炎のセルフケア

腸脛靭帯炎の対策として疲労を溜めないことと姿勢不良が重要です。疲労を溜める習慣や姿勢不良は日常生活の中に原因がありますので是非毎日の生活に取り入れてみてください。

☆体の歪みチェックをする

まずは通常以上に筋肉に負担をかけてしまっている根本原因である「体の歪み」を正していく必要があります。ご自身でチェックする場合は鏡を見ながら確認しましょう。猫背や反り腰は股関節の可動域を狭める事になり腸脛靭帯を過緊張させ、腸脛靭帯炎の原因になるリスクが高まりますので注意しましょう。

☆鍛える

下肢に負担が掛かる原因の一つに「体幹の筋力不足」が挙げられます。

体幹を鍛えることで上半身が安定することで下肢への負担が軽減されるため運動が苦手な方でも簡単にできる方法をご紹介します。

①鼻から3秒かけて大きく息を吸います。

②口から7秒かけて息を吐きます。

息を吸う時にお腹を膨らまして息を吐くときにお腹を限界まで凹ませます。この運動で鍛えたい箇所はインナーマッスルと言われる腹横筋と内外腹斜筋です。ぜひお試しください。

体を動かす・ストレッチする

腸脛靭帯はお尻の筋肉と股関節の付け根の筋肉で構成されています。そのためお尻の筋肉をストレッチすることで腸脛靭帯の過緊張を緩和させる効果があります。

※ストレッチの際は大きく深呼吸をしながら行いましょう。

☆セルフ筋膜リリース

腸脛靭帯炎でお悩みの方は非常にお尻の筋肉が硬くなっており、ストレッチが自身でできない場合にもおすすめの「セルフ筋膜リリース」ストレッチポールの上に乗りゆっくりと剥がすように動かしていきましょう。

当院での腸脛靭帯炎に対する施術

当院では問診・検査・評価によりストレスの原因を明確にすることでこれまでの経験を元に的確な施術を骨格筋肉神経の専門家が東洋医学・西洋医学・現代医学の良い部分を集結した独自の統合鍼灸整体術で肩こりに悩まされることなく健やかな生活をサポートいたします。

☆整体施術

当院での腸脛靭帯炎に対する施術では単に筋肉をほぐすために揉むのではなく骨格・筋膜・神経にまでアプローチすることでその場凌ぎの治療ではなく根本原因にアプローチし、姿勢の改善をすることで再発しない体作りまでサポートいたします。

☆鍼灸施術

腸脛靭帯炎でお悩みの方の多くはお尻の筋肉が過緊張していることが多く鍼治療ではその深層筋に直接アプローチが可能です。また、腸脛靭帯炎はお灸施術も非常に効果的な方法です。あなたに合った施術をご提案いたします。

☆セルフケア指導

お悩みの原因は日常生活の中に潜んでいます。おひとりおひとりの体の状態・お悩みに合わせたセルフケアを一緒に行い、体にいい状態を覚えさせるサポートをいたします。

ご予約・お問い合わせ

(スマホの方はタップで電話がかかります)
(タップでLINE画面へ変わります)

当院について

院名ニコリ鍼灸整骨院
住所〒532-0005
大阪市淀川区三国本町1丁目5-36
ハイネスト新大阪1階3号
電話番号06-6398-7752
アクセス地下鉄御堂筋線新大阪駅 徒歩10分
(ひなたの湯から徒歩30秒)
診療時間
9:00~18:00×

※祝日はお問い合わせください